夏より厄介!?秋の汗対策

秋 汗 対策,秋のワキガ 対策

秋にかく汗は夏より濃厚?

 

秋と言えばやっと涼しくなってきて、汗もかかなくなってくる季節…。ですのでワキガ体質の方も、脇汗対策やニオイの対策がどうしても甘く、油断したくなってしまう時期です。

 

ですが、実はこの考えは間違っていて、実際には秋のかいてしまう微量の汗が、命取りだったりします。

 

その理由は、まずこの季節は汗をかきにくくなるので、水分の摂取量が減ってきます。
汗自体をかく回数も減ってくるので、一回にかく少しの汗がとてもべっとりとした、濃い汗になってしまうんです。

 

 

この汗がまた厄介で、濃い分ニオイもきつくなってしまいがちなんです。とくにワキガの方はアポクリン汗腺から分泌される汗も濃くなってしまい、ふくまれる栄養も凝縮されます。

 

そんな餌をワキガの菌が放っておくわけがありません。当然、普通よりも多くの菌が繁殖してしまうこともあるので、ニオイがきつくなってしまうこともあり、秋こそ体臭対策には力を入れておきたいところです!

 

重要なのは汗のかき方と簡単な対策!

今回、この秋の脇汗対策で重要なのは、汗を上手に分散させる方法と、かいてしまった時にどう対処していくかです。

 

秋はまだ残暑の名残で、昨日は寒くても今日は暑いなんてこともありますし、しっかりとワキガ 対策をおこなっておくべきです。

 

 

例えば、水分は夏でもそうですが、いっきにたくさん摂りすぎないこと。
のどが渇いた時に少しずつ飲むことで、汗をかく回数を上手に分散させることができます。

 

一回でかく汗がそこまで濃くならず、あとは夏ほど汗をかかないので、体臭をニオイをきにする必要がない場合もあります。

 

秋は空気が乾燥 ワキガへの影響は?

秋 汗 対策,秋のワキガ 対策

 

また、空気が乾燥してくるので、汗をかいて菌が繁殖する頃に、汗が乾いてしまう可能性もあります。

 

こうなると衣服や体についたニオイが取れにくくなってしまうこともあるので、
お肌を含めてしっかりと乾燥対策を行う方が良いです。

 

ですが油分過多で、しっとりしすぎてしまうと、また菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうので、なにごともほどほどに…を心がけると良いです。

 

 

最近では思春期のうちから、ワキガで悩む方も増えてきているため、昔に比べると治療法も充実してきました。

 

リスクの少ないものもたくさんあります。どうしても自分の体質が気になる方は診断だけでも良いので、しっかりと専門家に頼り悩みを打ち明けて、良い解決法を探してもらうのも、良い方法であると言えます。汗をかきにくい秋の時期に、専門医を見つけておくと良いかもしれません。

 

 

 LINEで送る

◆ TOP ⇒ ワキガ対策なら