もう暑くないのにワキガ臭が気になるのはなぜ?

女性 ストール

 

汗の匂いが気になるのは暑い時期‥、なんとなく夏だけ?と思いがちです。ところがが、実は秋から冬のほうが、臭いがきつくなるとも言われていて、ワキガ体質の方は、気が抜けません。

 

参考:わきが体質チェックリスト表 ページ

 

ワキガ=汗をかく事が原因ではないんですよね。良い汗をしっかりかく事で、体臭の軽減にも繋がる場合もあるのです。

 

夏場は汗をかきますが、汗が乾くのも早いので体温も下がります。

 

 

ストレッチ

秋になるとスポーツなどで汗をかいても、夏場と違って汗が乾きにくく皮膚に残ってしまい、更にベタベタした汗が残ります。直に乾いていれば臭いの原因にならないのですが、気温が夏よりも低いので、なかなか乾きにくいのです。

 

また夏は暑いので水分を多く摂取しますから、汗そのものの濃度も薄くなります。それと比べ、水分の摂取量が少なくなる秋は、汗の濃度が濃くなるという事です。

 

 

秋先は下着も厚めになったり、保温性が高まったり、衣服も重ね着をするようになります。汗の量はさほど気にならず、脇もべとべと感がない。

 

そしてブーツに包まれた汗をかいている足も、まだムレを感じないので気づかずそのまま放置にしがちです。

 

 

女性特有ですがストッキングを履くようになる下着のなかなど、夏場は気になる部位も汗を気にならなくなりますが、確実に熱はこもってます。

 

ますます通気性が悪く汗もニオイも夏場よりきつく感じるようになるのです。

 

自分に合ったデオドラントケアを!

女性 お風呂

気温が低くなった分、いい汗をかく様に気をつけなければいけません。

 

温めのお風呂で半身浴をしてしっかり汗をかくようにしていくこと。毛穴が開いて老廃物をだすことを習慣にすると、良い汗をかけるようになってきます。

 

夏場で疲れた胃腸を整える、バランスの取れた食事をして体質改善、更に適度な運動をして更に汗をかく習慣をつけましょう。

 

臭いに敏感になるあまり、汗をかかないようにしていては逆効果です。

 

 

水分補給にも気を使って、アポクリン汗腺からでるワキガ特有のツーンとした臭いも、質のいい汗をかく事で改善していきましょう。

 

 

効果が高く自分に合ったデオドラント対策をしないと、匂いがしっかりカットできません。また年齢を重ねると、ワキガではなく特に男性は加齢臭が気になってきますよね。

 

食生活を改善するのが理想ですが、出来ない場合はやはり加齢臭対策用の石鹸や、ワキガ対策用の石鹸、デオドラントクリーム等を上手に有効利用しましょう。

 

参考:ワキガ対策 石鹸を使ってケア!ページ

 

自分の体の臭いによるストレスを、少しでも軽減して悪循環を断ち切りましょう。

 

 

 LINEで送る

もう暑くないのにワキガ臭が気になるのはなぜ?関連ページ

乾燥する時期にしたいデオドラントケア!
思っているより厄介!秋の汗対策