更年期の汗かきとは?

更年期の汗かき 悩む女性

 

主に40代、50代の更年期に差し掛かると、これまでとは違う汗をかきやすくなるとよく言われます。

 

夏に汗をかくのはよく聞く話ですが、汗ばむ時期でもないのに汗が止まらなかったり、汗のにおいがきつくなったりと大量の汗に悩まされている女性はたくさんいます。こ

 

れは更年期特有の症状である、ホットフラッシュかもしれません。そこで、更年期の汗かきについて調べてみましたので、ご紹介いたしますね!

 

更年期の汗と普通の汗との違いとは?

女医 指し棒

更年期障害の症状を発症している人には、多汗やほてり、のぼせと言った症状を起こしやすいと言われています。

 

特にこれは上半身に集中した汗で、時や場所を問わず大量に汗をかいてしまうと言われています。

 

さらに、運動時にかく汗とは違い、ベタベタとしてニオイもきついと言われています。

 

更年期の汗はきついニオイとなってしまうアンモニアの成分が多く汗に含まれています。また、これらの汗は体内に残りやすく体外に排出しにくいため、体臭やにおいがきつくなってしまい、ベタベタとした汗になってしまうのです。

 

更年期に汗が多くなる原因を知る

星 装飾

私の知り合いの方もそうでしたが、更年期障害の時に滝のように顔に汗が流れていました。このような多汗はなぜ起こるのでしょうか?

 

更年期障害の症状を発症したり、これらの多汗の症状は女性ホルモンの分泌量が急激に低下していくことで起こります。

 

自律神経のバランスも乱れ、体温調節の機能も効かなくなってしまいます。こうなってしまうと身体に悪影響を与えてしまいます。暑い時期、汗をかきますが、これは体の熱を出すためです。

 

しかし、体温調節の機能が崩れてしまうと血行不良などで血流が悪くなってしまいます。下半身は冷えるのに上半身は滝のように汗が出るなんて症状もあります。

 

上半身が暑いからと言って、冷たいものを飲んだり、氷で冷やしたりするのは禁物です。まずは下半身を温めて、血流の流れをよくしてあげることが重要になってきます。そしてお腹周りを腹巻などで温めてあげると、のぼせが消えるという結果報告まであるんですよ。

 

更年期の時期の汗は、対策次第で緩和することが可能ですので、自分でできることから始めてみてください。体を冷やすのではなく、温めることが大切です。温かい飲み物を飲んで、ホッと一息リラックスしましょう!

 

 

 LINEで送る