足が臭いと病気の可能性も考えられます

足のニオイからわかる病気について!

 

足の臭い 病気,足の臭い 水虫,足蹠多汗症

足をちゃんと洗っているのにも関わらず、足の臭いがいっこうによくならない場合は、病気の可能性も考えられます。

 

足が臭くなる原因は、大抵の場合、不潔にしたり不衛生による雑菌の繁殖がほとんどです。しかし、清潔にしていても起こる場合は、病気と関係していることがあります。
足の臭い スッキリ!

 

足の臭いが原因で起こる病気を挙げると、多汗症、水虫、糖尿病、内蔵疾患などがあります。

 

多汗症は、普通の人にある体温をコントロールしてくれる機能のバランスが悪くなり、体温調節が不安定なために引き起こして汗を大量に出してしまう症状が特徴の病気になります。

 

多汗症の中に、足の裏だけ汗を異常に発生させてしまう、足蹠多汗症があります。

 

汗を多くかくと、その分湿度もたかくなり雑菌も繁殖しやすい状況を作りやすくなってしまい、結果的に足のニオイの原因になってしまう恐れがあります。

 

多汗症は交感神経が原因で起こりやすい病気ですので、過度なストレスなど精神的なものが大きく左右されますので、病院で診察をうけて相談してみるのが良いと思います。

 

水虫は基本的に臭いはない

 

足の臭い 病気,足の臭い 水虫,足蹠多汗症

それと水虫ですが、基本臭いということはなく、水虫の原因菌とされている白癬菌は、ニオイを発生しないのです。

 

白癬菌はカビの一つで、もともと人の足にあるものではありません。しかし、足のニオイの原因とされている皮膚常在菌と、白癬菌は高温多湿を非常に好む点が似ているため、併発して起こることが多いため、水虫も臭いイメージがあるのかもしれませんね。

 

水虫ができてしまった場合は、治療が必要になってきますので、綺麗にしているだけでは治りませんので注意が必要になります。

 

糖尿病や内臓疾患になりますと、免疫力が低下してきますので、カラダの抗菌作用が弱まり、足の臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなってしまう傾向があります。

 

それと、こういった病気の場合になりますと、足のニオイのみならず、体臭、わきがや口臭も臭くなるケースが多いので、足だけが臭うのであれば、多汗症や水虫の確率が高いといえます。

 

とりあえず、清潔にして足が臭くなった場合は、病気であることも視野にいれて、自分で対策をとってみるのがよいかと思います。対策をとってみて改善されない場合は、専門医にみてもらうほうが良いでしょう。

 

ワキガチェック ページへ

 

 

 LINEで送る

足が臭いのは病気のサインかもしれない!関連ページ

角質ケアで足の臭いを防ぐ!
足の臭いは、靴や足の手入れを疎かにしていることから、臭ってしまうことがあることについて、解説しています。足の裏の角質ケアをするだけで、未然に足のニオイを防ぐことができます。女性にも多い足のにおいと、ワキガについても説明しています。
足の臭い対策として殺菌してあげることが大事
足の臭いのケアや解消方法について、詳しく解説しています。足の臭いの対策として、ラベンダーやティーツリーなどのアロマオイルを足湯として使用することで、殺菌効果がありニオイを軽減してくれることについて、紹介しています。
靴のケアで足の臭いを軽減!
足の臭いの原因に、靴が影響している場合があります。毎日、同じ靴を履き続けたり、ケアを怠っていたりしますと、湿気が溜まってしまい、雑菌が繁殖してニオイの原因になることについて説明しています。足の臭い対策について、詳しく解説しています。
足の臭い女性が多い原因とは?
足の臭いは、男性よりも女性のほうが多いと言われています。女性の方が足が臭いのが多い原因や、ニオイ対策について、詳しく解説しています。ブーツやパンプス、通気性の悪い靴、マニキュアなど垢や埃が溜まりやすい行為も原因の一つと説明しています。