お口のにおい魚臭症とは?

口臭 原因

 

清潔に保つことでほとんどが快方に向かうものが、体臭や口臭だといわれています。

 

しかし、まれにではありますが体を洗っても解消されない、体のにおいや口臭も存在するのです。そのほとんどは、病気が原因で発生してしまう「ニオイ」になります。

 

中でも症例が非常に少ない病気にかかってしまうことで、発生してしまう異変があります。

 

魚臭症のにおいや特徴について

口の臭い 魚臭症,魚臭症 とは

魚臭症(トリメチルアミン尿症 魚臭症候群)も、これらの症状の一つです。

 

魚臭症(ぎょしゅうしょう)にかかってしまった人から発せられるニオイの特徴は、魚の腐ったようなニオイといわれています。

 

このほかにも下水道のニオイとか、生ごみのニオイという表現で説明されることがあります。

 

口臭 くさったにおい

卵、レバー、豆類、ブロッコリーなどに含まれるコリン、卵、ウナギ、ゴマ油などに含まれるレシチン、主に魚介類に含まれているトリメチルアミンオキシドという物質は、食べた後、体内で消化される際にトリメチルアミンという物質に分解されます。

 

通常ですと、トリメチルアミンは腸内細菌の酵素である、フラビン含有モノオキシナーゼによって正常に分解されます。

 

しかし体内でこの、「フラビン含有モノオキシナーゼが欠乏」していると、トリメチルアミンの分解が正常に行われない状態になってしまいます。

 

トリメチルアミンの特徴とは?

口の臭い 魚臭症,魚臭症 とは

トリメチルアミンの特徴は、魚の腐ったようなニオイを持つ物質です。これが分解されない状態が続いてしまうと、血液の中に入って体内を循環してしまいます。

 

この血液が肺に達すると、特徴あるニオイを保った状態で息の中に含まれてしまい口臭となり、汗に混ざって体臭となるのです。

 

魚臭症の原因は、体内のフラビン含有モノオキシナーゼの欠乏によるものです。

 

この原因は、先天性のよるものと肝機能障害によって、減少してしまう後天性のものの2つが挙げられます。

 

魚臭症の原因について

魚臭症 原因

魚臭症は、最近テレビ番組で紹介されたことにより注目を集めました。

 

魚臭症はニオイを発生してしまうのみで、ほかに特徴となる症状がないといわれています。

 

現在のところ、残念ながらその治療法や特効薬は開発されていません。

 

魚臭症によるニオイを少なくさせるために大切なことは、先に挙げたコリンレシチントリメチルアミンオキシドを含む食べ物の摂取を控えることです。

 

口の臭い 魚臭症,魚臭症 とは

現時点では、食事療法による改善策しかないとされている魚臭症は、国内、そして世界的に見ても発症例が少ない病気です。

 

魚臭症の他にも体臭や口臭を発生してしまう、発症例の少ない病気の一つに、イソ吉草酸血症(いそきっしょうさんけつしょう)という病気があります。

 

こちらの病気によって出てしまう体臭は、足の蒸れたようなニオイとか、汗臭いニオイと表記されています。

 

思い当たるようであれば、クリニックで相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 LINEで送る

◆ TOP ⇒ ワキガ対策 ページへ