口臭や体臭の悪化 健康との関連はあるの?

女性 体臭 悪化

 

口臭や体臭が発生してしまう原因といって思い出されるのは、わきがの体質であったり、はたまた洗い方が足りないといったことが、思いつくでしょう。

 

しかし体から発生するニオイには、病気が原因で発生してしまうということもあるのです。体の不調が原因で発生してしまう体臭は、症状が軽いとなかなか気がつきにくいものです。

 

気づかずにいて症状がすすみ、重症化してしまうことで、何かカラダの異常なのかな?と心配になる場合も多いようです。

 

参考:口臭のタイプをチェックしよう!ページ

 

胃腸に不調をきたすと口臭や体臭が発生?

胃腸 不調

口臭や体臭を発生してしまう原因は、胃腸に不調をきたしたときに起こりやすいといわれています。

 

胃腸に不調が現れると、それまで正常に行われていた消化ができにくくなってしまいます。

 

胃の消化が不調になると、胃の中に消化しきれなかった食物が残ってしまい発酵してしまいます。
残った食物の発酵がすすむことで、悪臭のもとが発生してしまい血液などに溶け込んでしまいます。

 

 

血液は体内を循環します。循環した血液は肺に達してしまうと、呼吸するごとに排出される息に悪臭のもとが混じってしまい口臭となるのです。

 

また、汗の中に悪臭のもとが混じることで、体臭となってしまいます。胃腸の不調が原因の体臭や口臭は、腐った卵のようなニオイという表現がなされることが多いです。

 

糖尿病と口臭や体臭の関係性が?

女医 指し棒

自覚症状がほぼ少ないといわれているのが、糖尿病です。

 

軽い症状だとなかなか気がつきにくいものですが、症状が進行してしまうと、甘ずっぱいニオイの体臭がするのだそうです。

 

高血糖の状態になった場合、細胞内にブドウ糖が取り込みにくくなります。

 

そして、体内の糖を用いて行われていた代謝が困難となってしまい、糖に代わって脂肪酸による代謝を行わないといけない状態になるのです。

 

 

脂肪酸による代謝が行われた際に、体内にはケトン体という物質が生成されます。

 

このケトン体が、甘酸っぱいニオイの正体なのです。ケトン体が原因の甘酸っぱいニオイのもとも、体内を循環して口臭や体臭となって排出されてしまいます。

 

腎機能が低下して腎臓疾患から体臭や口臭を発生!

子宮 尿

腎機能が低下して起こる腎臓疾患も、体臭や口臭が発生しやすい病気の一つです。

 

腎機能の疾患がきっかけで発生するニオイは、アンモニア臭がするのだそうです。腎臓機能が低下すると尿が出にくくなるとされています。

 

 

尿は、体内の毒素や老廃物を体外へ排出するという大事な役割を持っています。尿が出にくくなると、体内の毒素と老廃物の排出に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

腎機能の低下によって尿が出にくくなると、毒素や老廃物は体内に溜まってしまいます。血液中の毒素の濃度も上昇してしまい、汗や息にアンモニア臭が混ざってしまいます。

 

腎機能が低下して歯肉炎や歯周病を発症?

虫歯 歯周病

また腎機能が低下すると、歯肉炎や歯周病を発症しやすくなります。
歯肉炎や歯周病も、口臭の原因となる症状の一つです。

 

体の不調が原因で発生する体のニオイは、症状が進行することで気がつきやすくなるといわれています。自分自身の不快なニオイに気づくことで、体調面での不調に気が付く場合も、まれに起こることがあるんですね。

 

健康な体作りを普段から心掛けておきたいものですね。

 

 

 LINEで送る

◆TOP ⇒ ワキガ対策 ニオイの原因や悩みを予防 ページ