口臭が起こってしまうタイプとは?

口臭 対策

 

お口のにおいを引き起こしてしまう、口臭 原因には、さまざまなものがあります。

 

辛いものなどの刺激物や、ニンニクやニラなどの独特の香りを持つ食べ物を食べた後や、喫煙によって発生してしまうお口の匂いが不代表的です。

 

そして起床後や空腹時、女性では生理中や妊娠中に発生してしまう口臭などは、日々のオーラルケアをしっかり続けることで、ニオイは減少させることができますね。

 

口臭が起こってしまう原因には、日常生活によって起こるタイプのほかにも、口内や体内の病気が原因で発生してしまう場合も中にはあるのです。

 

口臭のほとんどは歯周病や虫歯が原因?

口臭 歯周病,口臭 治す

口臭の80%は、歯周病や虫歯などの口内の疾患が原因で起こるものなのだそうです。

 

テレビなど様々な媒体でよく見聞きすることが多い歯周病と、むし歯との違いはいったい何なのでしょうか?

 

歯周病は、歯と歯茎の間に細菌が溜まって歯茎が腫れたり、歯茎から血や濃が出やすくなる病気です。

 

かかってしまって歯茎から出る血や濃が、口臭の原因になります。

 

歯周病が原因のタイプの口臭は加齢に伴って、かかる率が高くなってしまいます。原因は加齢臭に伴う口内の唾液の減少だといわれています。

 

日頃から歯や口の中を清潔に保つことで、その発生を抑えることが可能です。

 

丁寧な歯磨きや歯石の除去等定期的な検診は、歯周病予防だけではなく、口臭対策という点からみてもとても大切なことなのです。

 

舌をケアしないと口臭の原因に!

口臭 タイプ,口臭 チェック

舌の表面が何となく白っぽくなっているときって、ありませんか?

 

舌の表面が白くなる原因の一つが、舌苔と呼ばれるものです。

 

舌苔は、角質化した舌の表面の隙間に、口の中の細菌や食べかすが入り込むことでできてしまいます。

 

このほかにも、口呼吸が多くなったり、口の中の唾液が少なることでもできやすくなるのだそうです。

 

舌苔のケア方法は、舌磨きが適切な方法です。

 

ドラッグストアなどには舌磨き専用のブラシや、舌磨き機能がついた歯ブラシなどが販売されています。これらのグッズを使って歯磨きのついでに舌磨きを続けることがとても大切です。

 

病気が原因で起こる口臭について

口臭,口臭 病気

口臭は、体に起こる他の病気が原因で起こるタイプの場合もあります。鼻腔の周りに濃が溜まってしまうのが、副鼻腔炎(蓄膿症)です。

 

鼻腔に溜まった濃から発せられるニオイが、口臭として体外に排出されてしまいます。

 

これに加えて、呼吸が口呼吸になってしまうことによる口内の唾液不足も、原因の一つとされています。

 

副鼻腔炎が原因の口臭は、腐った肉のようなニオイといわれています。

 

このほかにも糖尿病や腎臓病、胃腸疾患を発症してしまうことで、甘酸っぱいニオイ、アンモニア臭、腐った卵のようなニオイの口臭を排出してしまいます。

 

病気が原因の口臭は、症状の進行がすすむにつれて気が付くものが多いのだそうです。ですので日ごろからの体のケアは、口臭対策から見てもとても重要なのですね。

 

口臭 タイプ,口臭 チェック

店頭やインターネットでは、口臭対策商品がたくさん販売されています。

 

ミストタイプやジェルタイプの外的ケア商品、サプリメントが効果的で人気を集めているようです。

 

口臭ケア商品を使うことも大切ですが、最も重要なのは日頃の歯磨きを怠らないことです。毎日の歯磨きを習慣化させることは、虫歯予防と合わせて口臭予防においてもとても大切なことなのです。

 

 

 LINEで送る