冬はデオドラントケア しなくても良いの?

夏

 

脇の臭いや体臭、また人によっては加齢臭の臭い‥。これってずっと夏場や梅雨のほうが汗も沢山かくし、臭いがキツイとばかり思っていませんか。

 

でも実際は、夏場より冬の時期の臭いのほうがきついとも言われています。

 

その理由。夏場は汗を沢山かきますが、乾くのも早いこと。また水分補給を沢山行うので、汗の濃度自体が薄まる・・・確かにそのとおりです。

 

そもそも夏は、黙っていても暑くて汗をかくので、制汗剤やデオドラントシートなどで皆さんしっかり体臭対策をするよう、気をつかってらっしゃいますよね。

 

衣類も汗をかくと着替えたり、衣服に臭いが移らないように気を使ったりと、色々努力を重ねているのです。それが秋から冬にかけて重ね着した衣類、長袖で熱を逃がさない下着の着用。自然に汗をかく事も少なくなるので、気にならなくなっているだけで、冬も本当は脇汗もかいてるんですよね。

 

 

実際冬場の電車のなかで、暑くて汗をかく事があったのに、脇汗対策はサボリ気味という方も多いようです。
しかしながら寒い時期もデオドラントケアは必要。その理由はなぜなのでしょうか?

 

寒くてもワキガの臭がする理由

冬 ワキガ

 

冬は夏場よりも体温を保つ為に、そもそも代謝が活発になっています。その為、意外と普段の生活の中でも少し歩いただけでも、汗をかきやすいのです。

 

また寒いところから暖かい室内に入る時のほうが、汗を感じやすいんですよ。また冬になると保温性に優れた下着や衣類、女性はタイツ等を身に着けて、その上にコートやマフラーなどで完全防備の状態。ですので確実に蒸れていることでしょう。

 

臭いの原因となる細菌は、湿度の高いところが大好きですから、間違いなく汗が分解されてあの悪臭がしてくるという仕組みなのです。

 

 

汗をかく機会が少なくなってきた秋口から冬にかけて、更に汗腺も衰えているので、質の良いサラサラの汗ではなく、ベタついた汗をかくようになってくるのも原因。

 

自然と鍛える事が出来ない冬は、水分もしっかり摂って、更に意識的にスポーツなどをするようにして汗をかくようにするのが理想的です。汗腺の機能を鍛える必要があるのです。
運動で程よく汗をかいて体臭対策!ページもチェック

 

 

また温めのお風呂で半身浴をして汗をかく習慣をつけて、良い汗をかく事で脇汗対策を行ってみて下さい。

 

女性はタイツやブーツなどで体臭だけではなく、足のニオイも気になる季節です。毎日キレイに洗うだけでは、改善されない臭い対策を効果的に行う為にもデオドラント効果の高い石鹸も積極的に使いたいですね。

 

 

 LINEで送る

クリアネオパール

冬のワキガ対策記事一覧

冬のワキガは濃い?一般的に汗をよくかく夏のほうがワキガの心配をされがちですが、実際にはワキガの症状がきついのは冬だと言われています。冬に症状が発生しないというひとも多くいますが、中には冬も発生する上に、夏の間のワキガよりもニオイがきついと悩みを抱えているひともイます。その原因や理由について簡単に説明いたしますね。冬といえば寒い時期なので汗をかかない季節だとおもわれがちです。ですが、そのぶん厚着をし...