冬にも襲ってくる脇の臭い‥

冬 わき 臭い

冬のワキガは濃い?

 

一般的に汗をよくかく夏のほうがワキガの心配をされがちですが、実際にはワキガの症状がきついのは冬だと言われています。

 

冬に症状が発生しないというひとも多くいますが、中には冬も発生する上に、夏の間のワキガよりもニオイがきついと悩みを抱えているひともイます。

 

その原因や理由について簡単に説明いたしますね。冬といえば寒い時期なので汗をかかない季節だとおもわれがちです。
ですが、そのぶん厚着をしますし、暖房なども使いますよね。

 

脇や膝の裏など皮膚同士が重なることの多い部分は、こっそり汗をかいていたりします。

 

 

女子 わき汗

 

先ほども言いましたが、冬はそもそも夏ほど水分を補給しないので体内が乾燥しがちです。さらに、汗もあまりかかないので、体内には夏に比べて非常に多くの老廃物が溜まりやすい環境になってしまいます。

 

それに、水分を摂らないにもかかわらず、かく汗水分を取っている時期のものと比べて、水で薄まっていないのでかなり濃いものになっています。

 

 

つまり、アポクリン汗腺から分泌される汗の中の、タンパク質などもかなり濃い状態で分泌されるわけです。そこに厚着で蒸れるという環境が揃ってしまうので、必然的にワキガにの菌は多く繁殖することになり、通常よりもキツいニオイになってしまうこともあるようです。

 

衣服をたくさん来ているので、ニオイが漏れることは少ないかもしれません。ですが、暑くなって衣装を脱いだ時に「大変!」なんてこともあるようです。厚着なので、夏のように脇汗をチェックして拭く…こういったこともやりにくい季節なので、困っているひとも多いのです。

 

 

冬のワキガ臭 セルフケア!

ワキガ ケア 簡単

 

上記のように心配ごとの多い冬に、自分で行える対策をいくつか紹介していきたいと思います。

 

まずは下着に通気性の良いものを選択することです。菌が繁殖するよりも先にかいた汗が乾いてしまえばニオイを抑えることもできますし、なにより通気で汗をかきにくくなります。

 

あとは少しでもアポクリン汗腺から分泌される汗を薄めるために、常温の水分をしっかり摂取することです。

 

ですが一気にたくさん飲んでしまうのは、あまり効果的とは言えません。少しずつ回数多く摂取していくことが大切です。

 

そうすることで汗の成分が薄まるだけでなく、アポクリン以外の汗腺も活発になるので汗の成分が変わり、ワキガの対策になることもあります。

 

常温の水分を摂取するということはそんなに難しいことではないので、是非お試しいただければと思います。あとは毎日脇など気になる部分の清潔感を保つことが非常に大切です。しっかりとケアをして悩みを減らしていきましょう。

 

 

また、ついつい冬の間は、外で運動するのも億劫になりがち‥。
ワキガの人ほど良い汗をかくようにしなければいけないと言います。運動不足を改善して体臭を解消しよう ページもチェック!

 

冬こそ適度に運動をして 体臭対策!

冬 デオドラントケア,冬 デオドラント ワキガ 大切

 

しかしながら、なんとなく運動時に汗をかくと、その臭いが気になると思いますよね。

 

運動をして、多くの汗をかくとワキガの臭いも強くなっちゃうんじゃないか?と心配になります。そもそも汗の質を変えるってどういう事?ワキガと運動ってどういう関係があるのでしょうか。

 

クリアネオ

 

寒い時期こそ良い汗をかこう!

冬 デオドラントケア,冬 デオドラント ワキガ 大切

汗には元々2種類あって、汗をかく事によって体温調節をしてくれる汗と、そうではない汗があるのです。

 

それぞれ汗が出てくる場所が違う2種類の汗腺ですが、運動をした時や暑い時に、体温調節してくれる無色透明の汗をエクリン腺と言い一般的な汗で「良い汗」と呼ばれるものですね。

 

もう一方がアポクリン腺ですが、エクリン腺と違って脇や陰部など特定の場所だけにある汗腺なのです。ここから出る汗と言うのが冷や汗とか、緊張した時の汗で体温調節とは関係のない汗なのです。

 

ワキガの原因となるのがアポクリン腺で、汗の成分がタンパク質や糖質、アンモニアで出来ており、それらの成分が常在菌と混ざっていや〜なワキガ臭となってしまうんです。

 

運動不足はわきがに悪い?

ワキガ 運動

運動不足はワキガに良くないと言われる理由としては、有酸素運動で汗の質を変えて、良い汗をかくように改善する事ができるからなのです。

 

有酸素運動をすると、汗腺の導幹部の血漿が再吸収されて、余分な成分のなくなったサラサラの良い汗をかくようになるんです。

 

良い汗をかいていると、その成分にはアルカリ成分である「重炭酸イオン」が少なくなります。ですので、汗が酸性に偏り、ニオイの元となる細菌の繁殖を抑えられるようになります。その結果、クサいワキガ臭が抑えられると言われます。
 

 

運動不足の人は酸素補給の少ない状態で、汗腺の働きを行うので乳酸という疲労物質が溜まってしまいます。

 

この乳酸がアンモニアの分泌を高め、アルカリ性の臭いのきつい汗をかいてしまうんですね。

 

無酸素運動は、乳酸を増やす事につながるのでワキガを悪化させてしまうので、運動は有酸素運動を行うことが理想的です。

 

また運動の後は入浴をして身体を清潔に保ち、デオドラントで脇の臭いを更に抑えるようにすると効果的のようです。

 

食事で汗の成分が変化!?

 

体臭 改善 食事

ワキガ対策においては、食事も大きく関わってくると言われています。

 

主にアポクリン腺を刺激しない食事、汗の成分を変える食事が良いとされています。

 

野菜や穀物が良いとされており、ビタミンやミネラルを多く含んでいるものは良いのです。

 

ビタミンの中でもほうれん草やニンジン、鶏レバーなどがビタミンAが豊富でオススメ!

 

体臭改善にはビタミンCやビタミンE、ベータカロテンが豊富な野菜などは抗酸化作用があり、ワキガだけではなく体臭が気になる人には良いのだそうです。

 

バランスのとれた食事と、適度な運動は体臭予防にまで影響があったんですね。

 

 

 LINEで送る

クリアネオ