原因を知ればできる!顔汗対策とは?

顔汗 原因,顔の汗 多い 原因

 

顔汗の原因は主に3つあると言われています。要因別にチェックしていきましょう。

 

その1つ目の原因は肥満です。

肥満体型の人は体内の熱をうまく放出できないため、汗をよくかくといわれています。これは、顔に限らず全身です。BMI指数が22以上で体脂肪率が高い人は、まず肥満を解消しなければ多汗の根本的な解決はできないでしょう。

 

 

次に原因として考えられる2つ目の原因は多汗症です。

脇の多汗症顔 多汗症をはじめとした「多汗症」とは、外気温に関係なく、また運動をしていなくても汗をかく病気です。全身ではなく、顔や手など一部から汗が出ることが特徴です。

 

他に体調不良を起こすような病気ではありませんが、顔汗でメイクができなかったり、服の襟が汗でにじんだりと困ることも多いので、病院を受診するといいでしょう。

 

 

最後に3つ目の原因は他の部分の汗腺の機能不足です。

顔だけに汗をかいたり、特に酷かったりする場合は、顔以外の汗腺が休眠している可能性が考えられます。この休眠状態を解消するためには、手足を温め発汗を促すことが大切です。
基本的にはそれで解消可能です。

 

 

顔に汗をかく人は 冷やす事も効果的です!

顔汗 抑える

 

顔に汗をかく原因によって、根本的な対策法は違いますが、とりあえず顔汗を止めたいという時には共通のやり方があります。

 

まず、最も有名な方法が、首の後ろを冷すというものです。首の後ろには大きな血管が通っているので、それを冷すことで体感温度が下がり、汗が出にくくなります。

 

濡らしたタオルやタオルで包んだ保冷剤を使いましょう。

 

 

風にあたるのも良いでしょう

同じく体感温度を下げるなら、風に当たるという方法もあります。風に当たると通常時より2度ほど体感温度が低くなるので、屋内なら小型の扇風機などを活用しましょう。

 

また、脇を抑えることで顔汗を止められます。両方の脇を抑えないと、顔の片側から汗が出てくるので、気を付けて下さい。女性は下着のホックをきつくすれば同様の効果が得られます。

 

多量の汗の原因は他にも何種類もあります。多汗症以外の病気の可能性もあるので、
ドロドロとした汗が出るようなら注意して下さいね。

 

 

 LINEで送る

TOPページ ⇒ わきが対策ランキング ページ

顔汗 原因関連ページ

女性の顔汗 止めるジェルって?