デリケートゾーンの黒ずみはメラニンだった!!

アソコの黒ずみ メラニン

 

女性なら誰しも、体の隅々までキレイでいたいものですよね。

 

好きな男性との熱い夜だって、自信を持って過ごしたい!しかし、どんなに頑張っても気になってしまうのがデリケートゾーンですよね。デリケートゾーンの黒ずみで100年の恋が冷めてしまっては、悔やんでも悔やみきれません。

 

 

陰部の黒ずみ 原因とは?

メラニン 原因 黒ずみ,デリケートゾーン黒ずみ メラニン

 

では、そもそも陰部はなぜ黒ずむのでしょうか?その黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着なんです。

 

メラニン色素沈着とは日焼けで有名な色素ですよね。乳首の周りや股、脇の下などデリケートゾーンは、弱い肌を守るためにメラニン生成が活発な所なんです。

 

そして、日焼けのタイプによってデリケートゾーンの黒ずみやすさも違うんです。日焼けしたとき、赤く腫れてそのまま戻る人はデリケートゾーンの黒ずみが少ないタイプ。逆にすぐに黒くなってしまうのは、黒ずみやすいタイプなんです。

 

日本人は割と中間の人が多いですね。色黒の人ほど、黒ずみやすいというわけです。

 

摩擦が大きな原因のデリケート部 黒ずみ

メラニン 原因 黒ずみ,デリケートゾーン黒ずみ メラニン

 

何故デリケートゾーンが黒ずんでしまうのか、それはズバリ「摩擦」です。最も大きい原因としては下着の摩擦です。

 

下着のラインに合わせてちょうど黒ずみが生じている人はいませんか?それは下着と擦れている肌を守ろうとしているメラニンなんです。

 

でも、ブラやパンティーをつけないで生活するわけにはいきませんよね?

 

なので、下着を見直してみましょう。まず、締め付けの強いものはNGです。摩擦が強くなってしまうからですね。また、化学繊維のものは肌への刺激が強いので、コットン素材やシルク素材等の天然素材を使っているものを選びましょう。

 

高い下着が素材にこだわるのはこんな理由もあるんですね。

 

ノーパンで過ごすも効果あり!?

黒ずみ対策 下着,黒ずみ対策 バンツ

 

ちょうどVラインの黒ずみが気になる人はボクサータイプのものもオススメです。そして、ノーパン健康法というのを聞いたことがあるかもしれません。

 

効果としては美肌や締め付けをなくすことによる、血行促進等がありますが、デリケートゾーンへの負担を減らすという点では黒ずみにも効果があると言えます。

 

 

そして、摩擦を生み出す原因は陰毛の自己処理にもあります。ムダ毛の自己処理 方法を間違うと、肌に大きな負担をかけ、炎症などの肌トラブルの原因にもなってしまいます。
そうすると余計にメラニンの生成が促進されてしまうのです。

 

 

今は脱毛サロンなどで人気の「ハイジニーナ脱毛」というVIOラインの脱毛があります。自分で処理するよりもキレイになり、黒ずみの予防にもなるのでオススメです。デリケートゾーンの黒ずみが気になるあなた。まずはそのパーツの摩擦を減らす工夫をしてみましょう♪

 

 

 LINEで送る

ワキガ 自覚 ニオイ ページへ