最近の子供 ワキガ事情について

ワキガ対策 情報

 

体臭は遺伝するとよく言われますが、最近では小学生の子供たちでもワキガを発症してしまうケースが、増えていると言われています。

 

ワキガは大人になってから発症して対処していくものだと思っている方も多いようですが、近年では低年齢化が進んでいるのが実情です。

 

では小さな子供たちにも、ワキガは遺伝をしてしまうのでしょうか。

 

 

親のワキガは子供に遺伝する

ワキガ 遺伝

親のワキガは、残念ながら子供に遺伝するパーセンテージが高いです

 

父親か母親がどちらかがワキガの場合は50%、両親がともにワキガの場合は、80%の割合で遺伝するという研究結果があります。

 

自分の子供の汗の臭いが気にになってしまったら、親ならなんとかしてあげたいと思いますよね。自分と同じような苦しみをしてほしくないと思うものです。

 

小さい子供がワキガになる時期

体臭 いつから

先ほども述べましたが、近年はワキガ体質になる時期が、低年齢化してきています。

 

アポクリン汗腺が成長をして、においを発生させる時期はだいたい、小学生から中学生くらいだと言われています。

 

これには個人差がありますから、幼稚園や小学生で、すでににおいを感じる方もいれば高学年まで臭わない方もいます。

 

特に低学年くらいですと、親が気付いて早めに対処してあげることでイジメを防ぐこともできます。子供が自分で対策をするのも難しいので、親がきちんと教えてあげることが重要になってきます。

 

自分が子供にできること

小さい子供 ワキガ体質,ワキガ 遺伝 パーセンテージ

もちろん、年齢によって対処法は異なってきます。まず小さいときは、清潔に保ってあげることが先決ではないでしょうか。

 

特に脇の部分を念入りに。後は食事も重要です。欧米化が進んでいる日本では、食事を改善していくだけでもニオイを軽減することができます。
小学生 わきがに食生活も関係? ページもチェック!

 

子供の食事は親が作りますから、ある程度栄養バランスを考えるだけでも、ワキガ対策として対処することが可能ですよ。

 

いずれにしても、子供がまだ小さいなら親がしっかりしてあげること、高学年から中学生くらいになっているなら、しっかりと話をしてケアの仕方を教えてあげることが重要です。

 

子供の繊細な心を傷つけることのないように、親がしっかりと守ってあげましょう。

 

 

 LINEで送る

ワキガ 臭い 特徴 ページ

 

お子様のワキガ対策にクリアネオ