あがり症と精神性発汗と呼ばれる多汗症の関係とは?

あがり症による汗をかくことも多汗症の一つ!

 

多汗症 緊張,多汗症 あがり症,精神性発汗

特に一人だと汗をかくこともないのに、人前にでたり人とおしゃべりをするケースで、たくさんの汗をかく症状になります。

 

あがり症の方に多く見られる症状で、緊張したことにより汗をかく悩みになります。

 

多汗症には2種類ありますが、身体的な多汗症 原因によるものと、不安や緊張によって汗をかくものです。

 

上がり症の方は不安や緊張といったストレスが原因で引き起こすタイプの、精神性発汗精神性多汗症がそうです。

 

主な原因として、精神的なストレスにより自律神経が過敏に反応してしまい、たくさんの汗をかいてしまいます。精神性の発汗もあがり症の症状になります。

 

決して室内の温度が高くないのに、人前だと緊張してしまい汗が吹き出たりしてしまうのは、精神的な緊張やストレスによるものが原因となっているのが、特徴の多汗症といえますね。

 

汗をかくことによるニオイの心配はどうなのか?

 

多汗症 緊張,多汗症 あがり症,精神性発汗

精神性多汗症は、汗をかくところにも特性があります。

 

発汗する場所はひとによって様々ですが、手の平や足の裏、脇の下など、局所的なところに集中して汗をかくケースが多いとされています。

 

よく握手をしたときに汗でびしゃびしゃになっている方がいますが、精神性発汗だったのかもしれませんね。

 

まず、汗をかくことによる、ニオイの心配はしなくても良いと思います。

 

多汗症の汗と腋臭の汗は、種類が異なるため、多汗症の人は臭いということはありません。

 

しかし、汗は放っておくと酸化されて、ニオイを悪臭にかえてしまうこともあります。汗をかいたらすぐに拭きとってあげることが重要なことだといえます。

 

そして汗腺もワキガはアポクリン汗腺に対して、多汗症はエクリン汗腺ですので、汗のでる場所が異なります。

 

わきがを発症させないように、汗をすぐ拭き取り清潔にすることが大事だと思います。

 

多汗症と肥満の関係とは?

 

多汗症 緊張,多汗症 あがり症,精神性発汗

それから肥満体質の方は、汗をかきやすいと一般的に見て思われているし、そう思いますよね。

 

実際のところ、本当に汗をかきやすいわけですが、なぜそうなるのかと言うと、皮下脂肪が普通の方と比べて、厚くなっているため、熱がカラダから発散しづらいという理由によるものです。

 

 

汗をかくことによって、カラダの温度調節をおこなっていることになります。運動不足によって代謝が悪いのも大きく影響している可能性もあります。

 

ですので、肥満体質の汗をかく現象は、体温コントロール、生理的なものになりますので、多汗症には当てはまらないとされています。

 

しかし、全身に汗をかくのではなく、局部的に、手のひらや足の裏などに汗をく場合は、多汗症の確率がありますので注意が必要になります。

 

皮下脂肪だけに限らず、内臓脂肪も汗をかきやすい理由として挙げることができます。見た感じでは肥満じゃなくても、内臓脂肪が多い隠れ肥満の方も、汗をかきやすい体質になります。

 

そして、内臓脂肪は臭いの元凶ともいえる脂肪酸を、豊富に抱えていますので、皮脂腺やアポクリン腺から分泌する汗が体臭やワキガ 臭いとして放出する可能性があります。

 

 

 LINEで送る

緊張やストレスから多汗症になるの?関連ページ

ワキガ 多汗症について
ワキガと多汗症の関係性について詳しく解説しています。エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺なども含めて、汗腺についても説明しています。多汗症脇には、わきがのメカニズムを再度知っておく必要があります。
ワキガと多汗症の関係について
ワキガと多汗症の関係性について詳しく説明しています。わきに汗をかくだけでワキガと勘違いをしてしまう人も多いみたいですので、きちんと知っておくことで間違ったワキガ対策やわきが臭い予防をしないで良くなります。
多汗症と汗っかきの違いとは
多汗症と汗っかきの違いについて詳しく解説しています。食事やスポーツなど上昇を抑えたりするのが汗をかく特徴ですが、多汗症の場合は何もしていないのに汗をかくといいます。そうした多汗症と汗っかきですが、ワキガについてどう影響するのか説明しています。
多汗症の原因とは?
多汗症の原因や症状について、詳しく解説しています。多汗症の主な理由は、エクリン汗腺によって、大量の汗を引き起こすものですが、それだけでなく精神的なものや、ホルモンバランスが関係していることについて、説明しています。
多汗症と食事の関係について
食事によって多汗症に関係していることについて、詳しく解説しています。さらに食生活により、体臭やワキガにまで、影響を及ぼすことについて説明しています。コーヒーやタバコも多汗症に刺激を与えてしまうと、紹介しています。