チチガやワキガが起こる原因

チチガの原因,チチガ 悪化

 

体臭というものは、自分自身だけでなく周りの人にも少なからず、迷惑をかけてしまうことにもなりかねないとても厄介なものです。

 

周りから発せられるニオイに対して「迷惑だな」とは思ってはいても、なかなか口に出せるものではありません。これが、自分自身が発生しているものとなると、体のニオイを気にするあまり人間関係にまで、ひびが入ってしまう時になってしまいますね・・。

 

 

体臭の原因とされているものの代表がワキガです。人間の汗腺には2種類あります。

 

汗腺について

アポクリン汗腺

1つはエクリン腺、もう一つはアポクリン腺です。エクリン腺は、体の全体に存在する汗腺で、ここから出る汗は水分が主な成分です。そして酸性なので、ほとんどニオイを感じることはありません。

 

アポクリン腺はわきの下や、デリケートゾーンに存在する汗腺で、ここから出る汗はタンパク質や糖質、脂質で構成されてアルカリ性の汗が出てきます。このアポクリン腺から出る汗が、ニオイの原因だとされています。

 

 

先ほども述べましたが、アポクリン腺はデリケートゾーンのみに存在します。デリケートゾーンには、わきの下ももちろん含まれます。つまりワキガの原因は、わきの下に存在するアポクリン腺から出るニオイを含んだ汗なのです。

 

下半身やバストトップにも・・

 

アポクリン腺は、わきの下だけではなく下半身のデリケートゾーンや、バストトップにも存在しています。なので、ワキガと同じ症状は下半身やバストにも起こりうるのです。

 

実際にこのような症状に悩まされてる人も、多く存在していらっしゃいますよね。下半身のニオイの症状は「スソガ」とか「スソワキガ」バストのニオイの症状は「チチガ」とか「乳輪ワキガ」と呼ばれています。

 

 

これらの症状は自己診断で症状を疑うことが可能です。耳垢が湿っているとか、ワキガで悩んでいる方はチチガ対策も同時に行っておいた方がよいといわれています。
ワキガ診断 ページ

 

 

チチガの症状を悪化させないために

チチガ 遺伝

 

チチガの原因はワキガと同様、体に存在するアポクリン腺の量が平均より多いということが挙げられます。人のアポクリン腺の数は、生まれながらに決まっているのだそうです。これが親からの遺伝だともいわれています。

 

 

普段から動物性たんぱく質などを、多量に摂取する食生活を送りがちな人も、チチガの症状を悪化させてしまいます。ファストフードや肉類など脂質の多い食べ物は、アポクリン腺の働きを活発化させてしまいます。なので、普段から、ワキガに効果的な食べ物や、野菜を多く摂取するということも、チチガ対策の一つなのです。

 

このような対策も・・!

デオドラント対策

 

皮膚科や美容外科など、専門の機関を受診して適切な処置を施してもらうということも、対策の一つとして挙げられます。

 

また、ムダ毛があるということも、ニオイを強くする原因だといわれています。
ニオイの原因となる雑菌が、毛根で繁殖することを防いでくれるからです。

 

とはいえ、デリケートな部分の脱毛なので、自己処理など間違った方法を続けてしまうと、脇やバストトップのニオイを悪化させたり、お肌自体を傷つけることにもなりかねます。

 

「痛くない脱毛」として人気の高い、光脱毛やフラッシュ脱毛は、お肌の色の濃い部分には反応しないといわれています。

 

チチガ対策の一つでもあるバストトップ部分の脱毛に適しているのは、針を使用して行われるニードル脱毛です。主に美容外科で行われている脱毛法ですので、脱毛を行う際にはカウンセリングをしっかりと受けた後で行うことがとても大切です。

 

 

 LINEで送る

◆TOP ⇒ ワキガ 対策 ページ