ワキガ臭の原因 種類

女性の脇の下脇の臭い 仕組み

 

ワキガの原因は、3種類の汗腺からでる汗が、ワキガ臭の原因になっています。

 

脇の下にあるアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺です。
ワキガの原因 アポクリン腺とは?

 

これらの汗腺から出る汗自体に、もともとはニオイはありません。

 

しかし、ワキガの臭の原因は、解説させていただきました通り、もともと無味無臭であった、アポクリン汗腺からの分泌物(脂肪やタンパク質などの成分)が、肌のうえで菌など反応し、分解されるとき独特の腋臭いを発生させます。

 

これらのアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺の3つの汗腺が、ワキガの汗臭と関係しているのです。

 

 

ワキガの一番の原因であるアポクリン汗腺からでる汗と、皮脂腺から分泌される皮脂が反応しさらに強いニオイになります。

 

ちなみにエクリン汗腺から出る汗が、過度に多い方が多汗症と呼ばれる症状です。ワキガも多汗症も、増加傾向にあります。
ワキガ 多汗症

 

対策方法は、ワキガを気にしてストレスを感じてしまうと、汗の量が増加してしまうので、安心できるワキガ対策グッズを使ったり、ホルモンバランスを整えること、食生活の見直しをし、アルカリ性の食品を多く口にするようにする。

 

これらが治療に頼らない、自分でできるわきがの具体的対策方法です。

 

傷跡や、多くのリスクがあるワキガ手術を受ける前に、改善する方法も色々と種類がありますので、知っておくと良いと思います。

 

わきが対策専門ブランドNOANDE<ノアンデ>

 

 

 LINEで送る