ワキガの原因 タバコは体臭を悪化させる?

煙草の煙

 

ワキガのニオイの原因とタバコの喫煙に、関係性があるというのは、本当なのでしょうか。

 

答えは、当然YESです。

 

 

タバコと体臭は、深く関係しています。タバコの主成分であるニコチンは、覚せい剤などに含まれるアンフェタミンまたコカインなどと同様に、「中枢神経興奮薬」と呼ばれています。

 

コーヒーに含まれるカフェインも、この中枢神経興奮薬と、呼ばれています。もちろん覚せい剤などの薬物ほどではありませんが、タバコの主成分であるニコチンも、脳を強く刺激する成分です。

 

まや、タバコは視床下部を刺激することになり、主にエクリン腺に刺激を与えてしまい、発汗作用があります。
ワキガ臭の原因 種類

 

 

そしてこの、エクリン腺の汗が増えると、それがアポクリン腺から分泌された汗と反応し、ワキガ臭の原因となります。
ワキガ 原因

 

タバコを吸って、ニコチンを摂取することにより、直接てきにワキガが強くなるわけではありませんが、禁煙することによって、ワキガのニオイを減少する対策方法として有効であると言えます。

 

わきがの手術などを考える前に、出来ればタバコを禁煙をしたり、アルコールを控えたりと、生活習慣を見直してみましょう。

 

まずは自分でできる対策をして、ワキガの原因が悪化することを防ぎましょう。自分でできる対策は、クリニックで受ける治療と違い、絶対失敗することは、ありません。

 

ワキガのニオイの原因として、タバコを吸ってニオイを強くしているということは、間違いではないのです。

 

 

 LINEで送る

 

 

◆トップページに戻る
ワキガ対策 ミョウバン